防災navi地震対策>マグニチュードとは

マグニチュードとは

地震のニュースなどでよく耳にするマグニチュード。そもそもマグニチュードとは一体何なのでしょうか。 ここではマグニチュードや震度とマグニチュードの違い、マグニチュードのレベルなどについてご紹介します。

 

マグニチュードとは

「マグニチュード(magnitude)」とは英語で「大きさ」「規模」を表す単語で、1935年にアメリカの地震学者チャールズ・リヒターによって考案されました。日本では地震の規模を表す際に用いられており、マグニチュードが1増えると地震のエネルギーは32倍になるとされています。
つまり、マグニチュード「2」の地震は、マグニチュード「1」の地震の32個分のエネルギーを持っているということになるのです。
震度と混合されますが、震度は特定の場所で計測された「揺れ」のレベル、マグニチュードは地震そのものの規模の大きさを示すもの、と意味は異なります。

 

 

マグニチュードの大きさ

気象庁が発表しているマグニチュードの大きさ、その地震の規模は以下の通りです。

マグニチュードの大きさ
地震の規模
マグニチュード 8~
巨大地震
マグニチュード 7~
大地震
マグニチュード 5~7
中地震
マグニチュード 3~5
小地震
マグニチュード 1~2
微小地震
マグニチュード ~1
極微小地震
災害対策
地震対策
台風対策
火災対策
大雨対策
津波対策
噴火対策
防災グッズ紹介
防災グッズ紹介
都道府県別 防災情報
北海道・東北地方
関東地方
中部地方
関西地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方
運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報・リンク集
リンク集
  • リンク集・相互リンクについて