防災navi地震対策>震度とは

震度とは

震度とは地震の揺れの強さを表す数値のことで、特定の場所で計測されます。
ここでは地震の震度について詳しくご紹介します。

 

震度とは

震度とは地震の揺れの強さを表す数値のことで、特定の場所で計測されます。
気象庁ではかつて体感や周囲の状況から震度を推定していましたが、1996年以降より計測震度計によって自動的に観測されるようになりました。
気象庁では「震度0」「震度1」「震度2」「震度3」「震度4」「震度5弱」「震度5強」「震度6弱」「震度6強」「震度7」の10階級に分けて震度階級が設定されています。

 

 

震度のレベル

気象庁では地震によって感じる人の体感や行動、屋内の状況、屋外の状況などを震度別に発表しています。
ここでは、震度別の人の体感や行動をご紹介します。

震度階級
人の体感・行動
0
人は揺れを感じないが、地震計には記録される。
1
屋内で静かにしている人の中には、揺れをわずかに感じる人がいる。
2
屋内で静かにしている人の大半が、揺れを感じる。眠っている人の中には、目を覚ます人もいる。
3
屋内にいる人のほとんどが、揺れを感じる。歩いている人の中には、揺れを感じる人もいる。眠っている人の大半が、目を覚ます。
4
ほとんどの人が驚く。歩いている人のほとんどが、揺れを感じる。眠っている人のほとんどが、目を覚ます。
5弱
大半の人が、恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる。
5強
大半の人が、物につかまらないと歩くことが難しいなど、行動に支障を感じる。
6弱
立っていることが困難になる。
6強
立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。
7


※気象庁が発表している震度は、原則として地表や低層建物の一階に設置した震度計による観測値です。この資料は、ある震度が観測された場合、その周辺で実際 にどのような現象や被害が発生するかを示すもので、それぞれの震度に記述される現象から震度が決定されるものではありません。

災害対策
地震対策
台風対策
火災対策
大雨対策
津波対策
噴火対策
防災グッズ紹介
防災グッズ紹介
都道府県別 防災情報
北海道・東北地方
関東地方
中部地方
関西地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方
運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報・リンク集
リンク集
  • リンク集・相互リンクについて