防災navi大雨対策>大雨とは

大雨とは

雨とは空から水の滴が振ってくる天気、またはその滴のことをいいますが、では大雨とはどのように違うのでしょうか。
ここでは雨と大雨の違いや、雨に関する気象用語、雨の降り方など、大雨に関する情報を詳しくご紹介します。

 

大雨とは

梅雨や台風の季節を中心に、日本では1年中日常的にたくさんの雨が振ります。
気象予報などでも「雨」、「小雨」、「大雨」、「集中豪雨」など、雨に関する様々な用語を聞いたことがある、という人がほとんどではないでしょうか。

大雨とは、名前の通り「雨が大量に降る」ということですが、これは「災害が発生する恐れのある雨」ということになります。
つまり、雨が原因となって土砂災害や浸水など可能性がある、ということになるのです。

 

 

雨の強さに関する用語

天気予報などでも分かるように雨はその強さによって表現が異なってきます。
その表現からどの程度の雨が降るのかを想像できるようになると防災に役立ちますね。  

 

 

雨量ごとのイメージ

雨の1時間ごとの雨量によって天気予報で使われる表現や人が感じる印象が異なります。
ここでは雨の雨量と、その雨量から受けるイメージなどをご紹介します。

 

災害対策
地震対策
台風対策
火災対策
大雨対策
津波対策
噴火対策
防災グッズ紹介
防災グッズ紹介
都道府県別 防災情報
北海道・東北地方
関東地方
中部地方
関西地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方
運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報・リンク集
リンク集
  • リンク集・相互リンクについて