防災navi大雨対策>大雨を補償する保険

大雨を補償する保険

住居が浸水したり、発生した洪水で車が水没したりと、大雨は様々な被害を与えます。
ここでは大雨による損害を補償してくれる保険についてご紹介します。

 

建物への損害

大雨やそれに伴って発生した洪水、土砂崩れ、雷などによる建物への損害は、火災保険によって補償されます。
(※火災保険の種類やプランによっては補償されない場合もあります。)
ただし水災による被害は、「建物が30%以上の損害を受けていること」や、「床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水を被っていること」など、一定の条件を満たしていないと補償されない場合がほとんどです。

 

 

車への損害

大雨によって発生した洪水で車が水没てしまうった場合、その車の損害は車両保険で補償されます。
車両保険は、損害を受けた車両を修理するのに必要な金額があらかじめ設定された金額内で支払われます。
車が完全に水没したような場合や、修理額が契約金額を上回るような場合は全損扱いとなり、免責金額を除いた契約金額の全額が支払われます。
その際、あらかじめ免責金額を設定している場合には、その免責金額を引いた金額が支払われます。

車両保険についての詳しい内容をチェックする

災害対策
地震対策
台風対策
火災対策
大雨対策
津波対策
噴火対策
防災グッズ紹介
防災グッズ紹介
都道府県別 防災情報
北海道・東北地方
関東地方
中部地方
関西地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方
運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報・リンク集
リンク集
  • リンク集・相互リンクについて