防災navi津波対策>津波による被害

津波による被害

津波は様々な被害を残す災害です。ここでは津波による被害や、これまでに発生した大きな津波についてご紹介します。

 

津波による被害とは

津波は様々な被害を与えます。
人は津波によってケガを負ったり、波に飲み込まれた場合には死に至ることもあります。
家屋は浸水し、破壊され、流出してしまいます。
私たちの生活に欠かすことの出来ない水道や電力、下水道などのライフライン、さらには農作物、森林なども被害を受けます。

 

 

これまでに発生した津波

日本の場合、太平洋プレート、ユーラシアプレート、フィリピン海プレート、北米プレートという4つのプレートの4つのプレートが海面の下に存在しているため、海底地震による津波が発生しやすい海域になっています。
これまでに発生した大きな地震は以下の通りです。

震源地
被害・犠牲者
1933年
三陸沖
死者1.522人、行方不明者1.542人、負傷者1万2053人
1944年
東南海沖
死者・行方不明者合わせて1.223人
1946年
潮岬沖
死者1.330人
1960年
チリ沖
死者119人、行方不明者20人
1994年
北海道東方沖
死者202人、行方不明者28人、負傷者323人
2003年
十勝沖
死者1人、行方不明者1人、負傷者847人
2011年
三陸沖
死者15.628人、行方不明者 4.823人、負傷者 5.699人
災害対策
地震対策
台風対策
火災対策
大雨対策
津波対策
噴火対策
防災グッズ紹介
防災グッズ紹介
都道府県別 防災情報
北海道・東北地方
関東地方
中部地方
関西地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方
運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報・リンク集
リンク集
  • リンク集・相互リンクについて